LGBT関連ニュースをお届けし、ゲイ・レズビアン・バイセクシャル・トランスジェンダーの方々を支援するLGBTメディアです。

Rainbow flag and blue skies 1140x758 - 【LGBT】セクシャリティを表すフラッグ(旗)6選【特集】

【LGBT】セクシャリティを表すフラッグ(旗)6選【特集】

投稿:18/5/4
更新:2018/5/4 19:46

レインボープライドパレード等のLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)のイベントで、フラッグ)を見かけたことはありませんか?

1x1.trans - 【LGBT】セクシャリティを表すフラッグ(旗)6選【特集】

【出典元:https://nybiz.nyc/topics/%E3%80%88%E3%83%AB%E3%83%9D%E3%80%89/

フラッグ(旗)の中でも、レインボーフラッグが有名です。

セクシャルマイノリティに対して寛容であるという姿勢を示せるので、パレードの時にレインボーフラッグ(旗)や服やアクセサリーを身に着けている方が多くいます。

そして、レインボーフラッグ以外にもセクシャリティを象徴する様々なフラッグ(旗)があるのをご存知ですか?

今回はそれらをご紹介します。

【LGBT】セクシャリティを表すフラッグ(旗)6選【特集】

 

レインボーフラッグ

1x1.trans - 【LGBT】セクシャリティを表すフラッグ(旗)6選【特集】

【出典元:http://girrlsluv.com/rainbow-flag-sexuality-flags/

まずは一番定番の、レインボーフラッグです。

レインボーフラッグは、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)の尊厳を象徴するフラッグ(旗)です。

カリフォルニア州で『ギルバート・ベイカー』という人物が手染めで制作し、1978年6月25日にサンフランシスコで行われた『Gay Freedom Day Parade』で使われたのが始まりです。

最初、フラッグ(旗)は8色で構成されていたのですが、布地調達の問題や見え方の問題から、ピンクとターゴライズが除かれ、藍が青に変わり、現在の6色に落ち着きました。

 

ちなみに、8色それぞれの色には、きちんと意味が込められています。

1x1.trans - 【LGBT】セクシャリティを表すフラッグ(旗)6選【特集】

【出典元:http://breakthroughmlab.com/celebratepride

パンセクシュアル・プライド・フラッグ

1x1.trans - 【LGBT】セクシャリティを表すフラッグ(旗)6選【特集】

【出典元:http://girrlsluv.com/rainbow-flag-sexuality-flags/

パンセクシャルとは全性愛のことで、男女という性別の枠組を越えて、あらゆるジェンダーの人に対して恋愛感情や性的欲求を抱くような人のことを指します。

一番上のピンクは女性を表し、一番下のブルーは男性を表し、真ん中に中間色であるイエローを置いています。

これは、恋愛対象は男性,女性,どちらにも属さない性も含めた全てであるということを表しています。

バイセクシュアル・フラッグ

1x1.trans - 【LGBT】セクシャリティを表すフラッグ(旗)6選【特集】

【出典元:http://girrlsluv.com/rainbow-flag-sexuality-flags/

バイセクシャル・フラッグは、1998年12月5日に、バイセクシャル・コミュニティに登場しました。

色の意味に関してはいくつか説があります。

バイセクシャル・フラッグ-色の意味
1.ピンクは女性、ブルーは男性をイメージし上下に配置。2色が真ん中に混ざり合う様子が「女性も男性も恋愛・性愛対象である」ことを表現している。
2.ピンクは同姓愛、ブルーは異性愛を象徴し、ラベンダー色は男性・女性両方に惹かれるバイセクシャルを表現している。

トランスジェンダー・プライド・フラッグ

1x1.trans - 【LGBT】セクシャリティを表すフラッグ(旗)6選【特集】

【出典元:http://girrlsluv.com/rainbow-flag-sexuality-flags/

トランスジェンダーとは、身体的性別と性自認が異なる人々のことです。

トランスジェンダー・フラッグは『モニカ・ヘルムズ』というアメリカ人が1999年に作り、2000年にアメリカのアリゾナ州で開催された「アリゾナプライドパレード」で披露されました。

『モニカ・ヘルムズ』はトランスジェンダー・フラッグのデザインについて、次のように説明しています。

ライトブルーは男の子の赤ちゃん、ピンクは女の子の赤ちゃんをそれぞれ象徴する色で、白は中間のジェンダーやノー・ジェンダと感じる人々、そしてインターセックスをはじめとした自分が正しいと感じる性へ変わろうとしている人々を象徴しています。

誤った答えなどないのですから、どんな答えにたどり着くかは問題ではありません。このシンボルは私達が人生において正しい道を探求する姿を象徴しているのです。

【引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/LGBTQ%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AB

アセクシュアル・フラッグ

1x1.trans - 【LGBT】セクシャリティを表すフラッグ(旗)6選【特集】

【出典元:http://girrlsluv.com/rainbow-flag-sexuality-flags/

アセクシャルとは無性愛者のことで、「他者に対して恋愛感情や性的欲求を恒久的に抱かない人」のことを指します。

似ているセクシャリティでノンセクシャルというものがあり、ノンセクシャルとは「他者に対して恋愛感情は抱くが性的欲求は抱かない人」のことです。

この2つはあまり使い分けがされていない為、ノンセクシャルもしばしばこのフラッグ(旗)に含まれます。

デザインの由来としては、黒色は「他社に対して性欲を抱かない」こと、灰色は「稀に他者に対して性欲を抱く」こと、白色は「他者に性欲を抱く」ことを象徴しています。

そして紫色は、これらを総合したコミュニティを表していると言われています。

ストレートアライ・フラッグ

1x1.trans - 【LGBT】セクシャリティを表すフラッグ(旗)6選【特集】

【出典元:http://girrlsluv.com/rainbow-flag-sexuality-flags/

ストレートアライとは、同盟や支援などを意味する「Ally」が語源の、LGBT当事者以外の人が、LGBTを含む性的マイノリティを理解し、支援するといった考え方、あるいはそういった立場を明確にしている人を指す言葉です。

フラッグ(旗)の真ん中にある大きな虹色の「A」は、アライのAと、マイノリティの権利擁護を求める活動を意味するActivism(アクティヴィズム)のAを掛けています。

背景にある白黒のしま模様はレインボーに対して反対の色=異性に惹かれる、ということを表しています。

まとめ

今回はセクシャリティを表すフラッグ(旗)特集ということで、いくつかご紹介しました。

実はこの他にも、「ベアフラッグ」「レザーフェチフラッグ」「デブ専フラッグ」など、性のあり方を象徴する様々なフラッグが際限なく作られています。

だからといって、これらのフラッグ(旗)のどれかに該当しないといけないという訳でもなく、これらの旗の下に集まらなければいけないという訳でもありません。

しかし、人は誰かと同じであること、何かにカテゴライズされることに安心し、そこに心の居場所を求めます。性のあり方は多様な為、まだ名すら与えられていない世界のどこかにいる誰かが、今日もきっと新しいフラッグ(旗)を作っていることでしょう。

投稿者:

twitter/instagram

B→G(現在) LGBTのリアルを届ける為、ふざけた記事から真面目な記事まで配信中。悩んでいるセクマイ中高生が少しでも減ればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top
shares