LGBT関連ニュースをお届けし、ゲイ・レズビアン・バイセクシャル・トランスジェンダーの方々を支援するLGBTメディアです。

00033 - ゲイと彼氏(恋人,相方)-恋愛のゴールはどこ?

ゲイと彼氏(恋人,相方)-恋愛のゴールはどこ?

投稿:18/3/17
更新:2018/3/17 22:18

ゲイ恋人のことを「彼氏」と呼ぶこともあれば「相方」と呼ぶこともあります。

※ここでは「彼氏」で統一します。

数か月で別れる人もいれば10年以上付き合っている人もいるなど様々ですが、男同士の付き合いのゴールは一体どこなのでしょうか?

家族になるのがゴール?

2018年3月現在、日本の法律ではまだ同性結婚は認められていません。

同性パートナーシップ制度を採用している自治体は増えてきましたが、法的効力はありません。

 

そんな男同士の恋愛。

よく「ゴールはどこなの?」という話を聞きます。

異性愛者の恋愛なら、結婚して、子供を作って、家を買って…という多くの人が通るロールモデルがありますが、ゲイの恋愛の場合はロールモデルも少なく、いまいちゴールが掴めません。

 

人それぞれなので何とも言えない部分もありますが、筆者個人的な意見としては「家族になること」が通過点であり、ひとつのゴールでもあると思っています。

それまでに何年かかるかは分かりません。

最終的に、「ひとりでも生きていけるけど、一緒に生きていくなら君がいい」とお互い思える関係になること=人生の伴侶であり家族になることができればひとまずのゴールと言っていいのではないでしょうか。

すぐ付き合っては別れるを繰り返す人

家族のように長い間付き合っている人がいる一方、すぐ付き合っては別れるを繰り返している人も少なくありません。

男同士の恋愛なので、異性愛者の恋愛よりも難しい部分があるのかもしれませんが、短期間でおなじことを繰り返してしまうと何か自分自身に問題があると疑った方がいいかもしれません。

また、2.3か月単位で別れを繰り返していると、家族になるどころか、「好き」から「愛」に変わる過程も実感できないのです。

ゲイの恋愛だと3年も続けば長い方だと言われますが、少しでも長続きさせて”家族に近づけるよう”にした方がいいと思います。

同じことを何度も繰り返していても時間の無駄になってしまうので。

長続きさせる秘訣は相手を束縛しすぎないこと?

10年以上付き合っているゲイカップルに長続きさせる秘訣を聞いたことがあります。

10年という果てしなく長い時間を一緒に生きるふたり。一体どんな技を使っているのでしょうか?

答えは、「相手を束縛しすぎないこと」だそうです。

特に性事情。

長い間付き合っているゲイカップルだと、夜の営みも徐々になくなってくると思います。

それが家族になる、ということなのかもしれませんが、結局男なのでほとんどの人は性欲があります。

彼氏で性欲を発散せずに、他の人で発散しているというケースはよくあることです。

そこで問い詰めるのではなく、「お互いが許し合うこと」も時には必要なんだとか。

相手を完全に束縛して、「他の男とは絶対に関係を持つな」とGPS機能などで監視することも可能ですが、そんなカップルが長続きするとは到底思えません。

どちらかが疲れてしまい、早い段階で別れることが容易に予想できます。

「本気にならなければ遊んでもいいよ」と言えるのは絶対的な自信があるからだと思いますが、そこの境地までいくのに軽く数年はかかりそうです。

お互いがお互いを信じているからこそ、相手を束縛せずに自由にさせているのでしょう。

そもそも彼氏はどうやってつくる?

そもそも彼氏をつくる方法ですが、今はTwitterやゲイアプリなど色々あるので相手を探す気になればいくらでも探せる状況です。

しかし面白いことに、「彼氏欲しい!」と強く願っている時より、「彼氏なんてどうでもいいや」と思っている時に運命の人に出会ったりします。

人生は短いようで長いです。今彼氏ができなくて焦る必要は全くありません。

いつできてもいいように、自分磨きをしておきましょう。

B~G。 LGBTのリアルを届ける為、ふざけた記事から真面目な記事まで配信中。悩んでいるセクマイ中高生が少しでも減ればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top
shares