LGBT関連ニュースをお届けし、ゲイ・レズビアン・バイセクシャル・トランスジェンダーの方々を支援するLGBTメディアです。

Untitled design 4 1024x683 - 恋愛感情を持たないアロマンティックとは?アセクシャルとノンセクシャルとの違いは?

恋愛感情を持たないアロマンティックとは?アセクシャルとノンセクシャルとの違いは?

投稿:18/2/22
更新:2018/2/22 4:39

LGBT(レズビアン,ゲイ,バイセクシャル,トランスジェンダー)は性的マイノリティの代表格であり、その他にも様々なセクシャリティが存在します。

最近だとLGBTsと表すことも増えてきました。

この「s」にはアセクシャルやXジェンダー、そして今回ご紹介するアロマンティックなど、その他の様々なセクシャリティが含まれます。

アロマンティックという言葉自体は聞いたことがありますか?

ロマンティックなら聞いたことがあると思いますが、アロマンティックとなると、なかなか聞く機会がなかったと思います。

今回はアロマンティックについて基礎的な情報をお伝えすると共に、アセクシャルノンセクシャルとの違いについてご紹介します。

アロマンティックとは?

アロマンティックとは、「他者に対して性的欲求はあるものの、恋愛感情を持たない人」のことを指します。

恋愛感情に関しては、殆どない人から全くない人までいるみたいです(個人差あり)

また、性的欲求に関しても、少ししかない人もいれば、マックスにある人もいるなど、様々です。

 

性的欲求を抱くことがあっても恋愛感情を持たないということは、人に対して「恋をしない」ということです。

アロマンティック当事者は、恋愛そのものが分からない(何故恋愛などするのか分からない)と言います。

 

また、アロマンティックだからといって、人と個人的・精神的に繋がりたくないという訳ではないみたいです。ただ単に”恋愛的な関係”を築きたいという感情を持っていないだけです。

アロマンティックでも、他人との深い繋がりや絆を必要とすることもありますが、それらの願望は「プラトニックな形」で満足できます。

アセクシャルやノンセクシャルとの違いは?

アロマンティックとアセクシャル、アロマンティックとノンセクシャルの違いについて見ていきましょう。

まずはアセクシャルの定義から見ていきます。

アセクシャル・・・他者に対して恒久的に恋愛感情と性的欲求を抱かない人。Aセク、無性愛とも言う。

アロマンティックは、「他者に対して性的欲求はあるものの、恋愛感情を持たない人」を指すので、他者に対して恋愛感情も性的欲求も抱かないアセクシャルとは少し違います。

続いてノンセクシャルの定義を見ていきます。

ノンセクシャル・・・他者に対して恋愛感情は抱くが性的欲求は抱かない人。略してノンセク。非性愛とも言う。ノンセクシャルは広義的にはアセクシャルに分類される。

アロマンティックは、「他者に対して性的欲求はあるものの、恋愛感情を持たない人」を指すので、ノンセクシャルとは完全に逆です。

アロマンティックであることの意味

恋愛感情を持たない「アロマンティック」たちの告白という記事を参考・引用させて頂きます。

-自分がアロマンティックであることは、あなたにとってどんな意味がありますか?

アロマンティック女性A:人付き合いへの関わりと隔たりが常に交錯している感じ。誰かと同じ瞬間を共有していながら、していない。他人といるとき、常に自分が第三者として傍から傍観しているような感じです。

アロマンティック女性B:変な言い方ですが、出会い系アプリからいい意味で解放されている感じがします。アロマンティックという状態は自分が好き好んでそうなっているわけではないですが。でも、自分にとって興味がないこと(恋愛)を周りの人が必死になって追い求めている様子を見るのは、興味深いです。

アロマンティック男性A:人付き合いは楽しいし、夜の遊びも楽しい。でも、”ロマンティックな感情”となると、機械的になってしまいます。人と一緒でなくても、会えなくて寂しいとは思いません。一緒にいればそれはそれで楽しいです。

 

アロマンティックは恋愛から解放されているので、恋愛を起因とする余計な悩み事を抱える必要や心配もなく、恋愛以外あらゆる楽しさを見つけて生きている印象です。

人間は古くから恋愛に振り回されてきました。筆者の周りでも、あるくだらない恋愛がきっかけで親友3人の関係性が壊れたりと、もう散々なことがありました。

悩みの種の一つとなる恋愛から解放されるというのは、ある意味素晴らしいことかもしれません。人生、楽しいことは他に沢山あります。

恋愛しかないという人は恋人に依存するだけの人生になりがちですが、もっと人生の本質、心から楽しいと思えることに全力で向き合える力をアロマンティックの人達は持っていると思います。

まとめ

今回は、「他者に対して性的欲求はあるものの、恋愛感情を持たない」アロマンティックについてご紹介しました。

アロマンティックも立派なセクシャリティであり、個性の一つだと思います。

アロマンティック当事者の話を聞く限りだと、先天的な人もいれば、きっかけがあってアロマンティックになった人もいるなど、様々です。

つまり貴方のこれからの人生で、唐突に、他者に対して恋愛感情を持てなくなる(アロマンティックになる)日が来る可能性だってあります。

そんな時、頭を抱えて悩み過ぎたりせず、それも個性の一つだなと割り切って恋愛以外のもっと楽しいことに目を向けて生きていって欲しいものです。

自分を責めてはいけません。きっと明るい未来が待っています。

B~G。 LGBTのリアルを届ける為、ふざけた記事から真面目な記事まで配信中。悩んでいるセクマイ中高生が少しでも減ればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top
shares