LGBTニュースとLGBT(レズ・ゲイ・バイ・トランスジェンダー)支援

fruits red apple apples 3d wallpaper for pc of nature - LGBT漫画『りんごの色~LGBTを知っていますか~』大分県が小中学校に配布

LGBT漫画『りんごの色~LGBTを知っていますか~』大分県が小中学校に配布

投稿:18/2/11
更新:2018/2/12 14:42

よく見るとそれぞれのリンゴの色が違うように、人の色もそれぞれ違う

LGBT性的マイノリティ)への理解を深めてもらえるよう、大分県は『りんごの色~LGBTを知っていますか~』(作画:平田京子)という啓発の漫画を計三万部発行しました。大分県内の小学校・中学校に配布予定とのことです。

1x1.trans - LGBT漫画『りんごの色~LGBTを知っていますか~』大分県が小中学校に配布

【出典元:http://www.pref.oita.jp/site/kokoro/lgbt-manga.html

A5判54ページからなる、漫画『りんごの色~LGBTを知っていますか~』は、中学校を舞台に、主人公の女子生徒が女性の友人から告白されたのをきっけに、LGBTや多様な性のあり方について考え、1つの答えを導いていくという心温まるストーリーとなっております。

物語冒頭は、「このりんご何色に見える?…ジっと見ているとただの赤じゃないんだって分かってくるの。リンゴの中にも色んな色が混じってる。赤だって思い込んでる人にはただの赤にしか見えないだけなんだ」というメッセージから始まります。

巻末にはLGBTや性同一性障害についての用語解説や、県内・県外で活動しているLGBT支援団体の紹介もしており、ただ感動して泣けるだけの物語に収束していない点が素晴らしいです。

また、ストーリー内で「アウティング」について触れたり、「アセクシャル」について触れたりなど、幅広く取り上げている点も非常に良く、大分県内にとどまらず全国の小学校・中学校に配布して欲しいと思うほどの完成度でした。

漫画『りんごの色~LGBTを知っていますか~』は、大分県公式HP内にある「こころちゃんの部屋」より閲覧もできるのでぜひチェックしてみて下さい。

LGBTって聞いたことがありますか?
「性的少数者」を表す言葉の一つとして、新聞等で使われることが増えてきました。

大分県では「性的少数者の人権」啓発冊子として「りんごの色~LGBTを知っていますか?~」を作成しました。
思春期を迎える皆さんから大人の方まで広く関心を持っていただけるようストーリー仕立てのマンガで紹介しています。

このマンガをきっかけに「性的少数者の人権」について考えていただけたら幸いです。

【引用元:http://www.pref.oita.jp/site/kokoro/lgbt-manga.html

物語終盤で訴えてくる強いメッセージ

主人公の「かすみちゃん」は、文化祭の演劇「みにくいアヒルの子」を通じて、冒頭のリンゴの色の話を絡めながら、性の多様性について訴えかけます。

「ボクは灰色だから少し目立つけど同じだよ!キミ達と同じで『ちょっと違う』だけなんだ。それはこのリンゴと同じだよ!赤だって思い込んでいる人にはただの赤にしか見えない!でもジッとよく見ているとリンゴの中にもいろんな色が入っているんだよ。みんな違う色でいいんだ!それでいいんだ!大切なのは自分の色を見つける事。だからきみも、きみの色を受け止めて、認めていこうよ」

小学生・中学生にとっては少し難しい話を誰が読んでも分かりやすい話に転換し、読み手にシンプルに訴えかけることで、心の中にストンと落ちてくるものがあります。

性はグラデーション。貴方だけの色を大事にして欲しい

「性はグラデーション」という言葉があります。どういうことか?

この世の中に存在する人間を、男性か女性かの2種類に分けることは、あまりにも難しいことです。

また、それぞれの性自認と性的指向も様々で、何かの枠に当てはめて考えることは困難とも言えます。

例えば、自分のことを男性でも女性でもないと言うXジェンダーの中でも、「どちらかと言ったらXジェンダー」と認識している人もいれば「はっきりとXジェンダー」と認識している人もいて、本当に様々です。

筆者はゲイですが、同じゲイの中でも少しバイセクシャルの要素を持つゲイもいれば、何があっても絶対に異性はNGというゲイも存在します。

ストレート(異性愛者)の人でも、男性っぽい日があれば、女性っぽい日もあるのではないでしょうか。

このように、人の数だけ性は無数に存在し、それぞれの良さがあると思います。それでいいと思うのです。

無理矢理何かの枠に当てはめて考えるのではなく、「性はグラデーション」ということを知り、その人らしさを第一に考えてあげることが、多様性を認める社会作りに繋がっていくのではないでしょうか。

そのお手伝いを、漫画『りんごの色~LGBTを知っていますか~』は担ってくれると思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top